スーパーエルマーの効果

スーパーエルマーはビジネス英語とTOEICに効果が高い

スーパーエルマー写真1

スーパーエルマー公式サイトへ

教材名スーパーエルマー
価格VOAコース 56,100円(送料込)
CBSコース 59,400円(送料込)
内容CD20枚 テキスト7冊
対象レベルVOAコース 初心者〜中級者
CBSコース 中級者〜上級者
評価評価星4.5

※VOAコースとCBSコースともに無料でサンプルCDの取り寄せができます。

 

どんなリスニングの学習ができるの?

 

初心者向けのVOAコースと中級者向けのCBSコースともにスーパーエルマーでは、通常の英会話ではあり得ない速度の英語を大量にインプットすることが学習の軸になっています。

 

このあり得ない速度の英語を大量にインプットし、英語のスピードに対応できるリスニングの感覚を身につけることが目的です。

 

また、それと同時に、聞いた英語をネイティブスピーカーのように文頭からそのまま理解する力を身につけるトレーニングもできます。

 

速いスピードの英語を聞くことで、学習時間自体の短縮も可能になるため、学習効率も良いのがスーパーエルマーの特徴です。

 

スーパーエルマーで聞く英語は海外のニュース番組です。

 

そのため、日常英会話よりもTOEICやビジネス英語のために英語を学びたい人に最適な内容だと感じました。

 

スーパーエルマーの効果はこんな感じでした

 

英語のリスニングの上達を考えたとき、英語の音への対応、スピードへの対応、文法や語彙への対応が必要になります。

 

スーパーエルマーでは英語のスピードへの対応と、ビジネス向けの英語表現や語彙へ対応が学習の軸になっています。

 

そして、そのためにとても細かな学習メニューの設計がされていると感じました。

 

英語のスピードへの対応を考えたとき、誰もが行う学習方法は、通常よりも速いスピードの英語を聞くという方法です。

 

スーパーエルマーでも速い英語を聞く学習をたくさんするのですが、その前にいくつかのステップがあり、これが速い英語を聞く他の教材との違いです。

 

英語の聞き取りが苦手な人がいきなり速い英語を聞いたところで、また速い聞き続けたところで聞き取りが上達するわけではありません。

 

その理由は、ただスピードに慣れるだけでなく、聞いたものを頭の中で処理して理解する力も同時に求められるからです。

 

スーパーエルマーでは、「聞いたものを頭の中で処理して理解する力」を養うためにHop、Skip、Jumpという三段階の学習が速い英語を聞く前にあります。

 

このHop、Skip、Jumpとは言うならば、英語を文頭から理解していく感覚を身につけるためのものです。

 

英語と日本語とでは語順が違うため、聞いた英語の意味を日本語として理解するには、後ろから戻るように訳を考えなければなりません。

 

しかし、この方法で訳を考えていると、当然のことですが、英語を聞いて理解するまでに時間がかかってしまいます。

 

そうならないためにも、いかに聞いた英語を文頭から理解していくかが重要になります。

 

スーパーエルマー写真2

 

Hopでは、そのためのはじめのステップとして、英文を小分けして、その小分けしたものから順番に理解する練習をします。

 

Now a quick recap of the plane crash that happened here in the Hudson River, here in New York City earlier today about 3 o'clock in the afternoon.

 

この例文は実際にスーパーエルマーに登場するものですが、文章としてとても長く、これを聞いて理解するとなると難しく感じるものです。

 

そこで、スーパーエルマーのHopでは、まずはこれをセンスグループという考え方に従って小分けしていきます。

Now a quick recap of the plane crash

 

that happened here in the Hudson River, here in New York City

 

earlier today about 3 o'clock in the afternoon.

 

そして、小分けしたセンスグループごとに英語→日本語の順でCDの音声を聞いていきます。

 

以下、実際のCDの音声の流れを書き表しました。

Now a quick recap of the plane crash

 

それでは再度短くまとめてお伝えします。例の飛行機事故について

 

that happened here in the Hudson River, here in New York City

 

ここニューヨークのハドソン川で起きた

 

earlier today about 3 o'clock in the afternoon.

 

今日、午後3時頃に。

 

音声を上のように言葉として書くと少し分かりづらくなってしまいますが、長文もセンスグループに区切って、聞いたその都度、日本語訳を考えていくことで、文頭から意味を理解することができるようになります。

 

もちろん、すぐにできるようになるものではありませんが、このようにセンスグループで小分けして、英語→日本語、英語→日本語・・・という順で繰り返し聞いていくことで、文頭から英語の意味を理解する癖が身につきます。

 

癖があれば、そのうち聞いたまま英語を文頭から理解できるようになります。

 

スーパーエルマーのこの学習方法は英語のリスニングにとても有効で、しかも簡単に取り掛かれるので、私としてはかなり優れていると感じました。

 

そして、その次のSkipは先ほどのHopの日本語訳がなくなったバージョンの音声です。

 

つまり、英語→数秒間の空白、英語→数秒間の空白・・・という音声を聞き、この数秒間の空白に頭の中で、日本語訳を考えるようにします。

 

このHopとSkipこそがスーパーエルマーの鍵だと思います。

 

ここで言葉として書くと難しく感じる内容ですが、スーパーエルマーでは大量の音声を聞くことになるので自然と身につく感覚が得られるはずです。

 

全巻でCD20枚という内容からもそのボリュームが想像できますが、スーパーエルマーのみでリスニングの悩みは解決できると感じました。

 

最後に、Jumpとして通常の英語音声を聞きます。

 

これはあくまでもHopとSkipの学習効果を確認するような役割です。

 

大事なのはHopとSkipです。

 

Jumpに挑戦して聞き取れなければ、焦らずにHop、Skipに戻りましょう。

 

この流れで学習を続ければ、高度な英語も聞き取れる盤石な力が身についてきます。

 

スーパーエルマー写真3

 

ここからがスーパーエルマーの醍醐味なのですが、Hop、Skip、Jumpの後はHyper-speedという超高速の英語を聞いていきます。

 

通常速度の音声から50%アップ、80%アップ、100%アップ、つまり最速で2倍速の英語を聞くことになります。

 

そして最後に通常速度の英語に戻るというトレーニングです。

 

これによる効果は当然のことですが、英語のスピードに対して強くなれることです。

 

最速は2倍速なので、これを聞いた後の通常速度はたとえるなら止まって聞こえるとでも表現することができます。

 

だからこそ、スーパーエルマーの公式サイトを見ると、TOEICのリスニングで高得点を取得した人の声が多数あるのだと思います。

 

これは私も経験をしたことですが、資格試験などの英語のリスニングは決してスピードが速いわけではありません。

 

そのため、普段から速いスピードでトレーニングをしておけば、TOEICなどの試験の当日は余裕を持って英語を聞き取ることできます。

 

このようにスーパーエルマーのHyper-speedはリスニングの力を飛躍的に高めてくれます。

 

スーパーエルマー写真4

 

スーパーエルマーで聞く英語の題材は海外のニュースです。

 

その名のとおり、VOAコースではVOAニュースを、CBSコースではCBSニュースが題材になっています。

 

レベルの設定としては、VOAコースの方が難易度は低く、初心者〜中級者向けで、CBSコースはそれよりも難易度が高く、中〜上級者向けです。

 

多くのリスニングの教材は日常的な会話が題材になっていますが、スーパーエルマーはビジネス向けの英語です。

 

そのため、就職や転職のために英語を習得したい人や、仕事でビジネス英語が必要な人にはスーパーエルマーが適しています。

 

ビジネスで必要になる単語や表現を、CDを聞く中で自然と身につけることもできます。

 

逆を言えば、日常会話レベルのリスニングを鍛えたい人や、日常会話で必要となる単語や表現を中心に学習したい人には合わないかと思います。

 

リスニングを中心にビジネス英語を学びたい人に最適な教材なのがスーパーエルマーです。

 

スーパーエルマー公式サイトへ

 

スーパーエルマー写真1