リスニングパワーの効果

リスニングパワーがリスニング教材の中では一番でした

リスニングパワー写真1

リスニングパワー公式サイトへ

当サイト経由でリスニングパワーを購入された方には、当サイト運営者の「まなぶ」から豪華特典を多数プレゼントしています。⇒豪華特典の詳細ともらい方はコチラ

教材名リスニングパワー
価格14,800円(送料込)
内容CD4枚 テキスト2冊(※1)
対象レベル初心者〜中級者
評価評価星5

(※1)特典として付いてくるボキャパワーという教材を含む

どんなリスニングの学習ができるの?

 

多くのリスニング教材は「ただ英語を聞くだけ」、もしくは「速い英語を聞くだけ」という内容です。

 

このリスニングパワーはそんな多くの教材とは違った学習法を採用したリスニング教材で、正確な英語の音を覚えることが中心になっています。

 

その上で英語のスピードにも対応するためのトレーニングができるため、リスニングの土台となる部分を強化することができます。

 

リスニングパワーの効果はこんな感じでした

 

リスニングの上達を考えたとき、多くの人がしがちな勉強法は、英語をシャワーのように聞く、通常よりも速いスピードの英語を聞くというものです。

 

しかし、この方法で学習をして効果がある人とない人がハッキリと分かれてしまいます。

 

その理由は、リスニングの根底にあるのはまずは正確な英語の音を理解することであり、英語の正確な音を理解できていない人はいかなる勉強をしても効果がないということです。

 

そして、この英語の正確な音を理解することを学習の軸にしたのがリスニングパワーです。

 

英語教材として有名というわけではないリスニングパワーですが、実は大手企業などでこの学習方法が採用されているという実績が多数あります。

 

まさに知る人ぞ知る教材です。

 

リスニングパワーの実績

リスニングパワーの学習法を導入した企業など

 

このような実績からも、いかに正確な英語の音を理解することが大切かがうかがえると思います。

 

それでは、「正確な英語の音」とは何のことでしょうか。

 

いかなる言語にも「音の周波数」というものが存在しています。

 

この周波数とは簡単に言い表せば「音の高さ」です。

 

この「音の高さ」は言語によって異なりますが、その中でももっとも高さに違いがあるのが日本語と英語です。

 

そのため、日本人が英語を学ぶとなると、他言語話者よりも英語の習得が難しいと言われています。

 

英語の音の周波数こそ日本人が英語が苦手な科学的根拠なのですが、この科学的根拠による弱点を解決することを目的にしたのがリスニングパワーです。

 

少々説明が長くなりましたが、他のリスニング教材とはまったく違ったアプローチでリスニングの上達を狙ったのがリスニングパワーというわけです。

 

リスニングパワー写真4

 

ほぼすべてのリスニング教材は英文を聞くことでリスニングを強化しようと考えます。

 

しかし、リスニングパワーではその前のステップとしてまずは英語の音単体で聞くことから入ります。

 

このステップがあるかどうか、しているかどうかによって後のリスニングの上達の伸びは大きく変わってしまうものです。

 

最終的な目標は英文として英語を聞き取れることでも、英文とは単語の集まり、単語とは音の集まりのため、まずは音を知らなければ単語としても英文としても聞き取ることはできません。

 

リスニングの上達を本気で考えるのであればこの事実を知ることが大切です。

 

これまでに英語の音単体で正確な音を理解できるようにするというトレーニングを行ったことがない人はぜひ試してほしいと思います。

 

この学習のデメリットは、英文で英語を聞くリスニングの学習と比較をした場合、学習に対する楽しさがあまりないことです。

 

音を単体で聞く、繰り返し聞いて脳に覚えさせる、覚えてきたと感じたら真似をしてその音を声で再現してみる、このような練習になります。

 

単語や英会話表現を覚えるという内容ではないので、聞いているだけでも自然と脳が英語の音を吸収してくれるので比較的学習は容易です。

 

ですので、いきなり英文で英語を聞こうとして聞き取れないという状況に陥って自信を失う前に、まずは英語の音単体でのトレーニングしておくことをおすすめします。

 

私はすでに英語力をある程度身につけてからリスニングパワーを使用しましたが、学習の初期段階で使用していれば聞き取りにこれほど苦労をすることはなかったとも感じます。

 

ですので、間違った英語の音が脳に焼き付いてしまう前にリスニングパワー使用しておくことが理想です。

 

リスニングパワー写真5

 

英語の音への理解の次は、英語のスピードへの対応についてです。

 

「英語は速いから聞き取れない」

 

私もそうでしたが、誰もがこう感じたことがあると思います。

 

それではこれを解消するためにどんなアプローチをするでしょうか。

 

ここで多くの人は、「速い英語を聞く」という方法を答えることだと思います。

 

しかし、注意をしなければいけないことは、ただ速い音を聞けばいいというわけではないということです。

 

ありがちな間違いとして、通常の英語音声の再生速度を速くした英語を聞くという方法があります。

 

いわゆる早回しというものです。

 

ハッキリ言って、ただ英語音声を早回ししただけのものを聞いてもリスニングの上達にはほとんどつながりません。

 

その理由は真に聞き取る力が身についているわけではないからです。

 

この説明を英語ですると分かりづらいので、日本語の場合で考えてみます。

 

DVDプレイヤーには「1.2倍速で再生」というボタンが付いていると思います。

 

この1.2倍速で日本のドラマや映画を見るとどう感じるでしょうか?

 

日本語に聞こえるものですが、通常の日本語とはかけ離れた変な日本語に聞こえるはずです。

 

英語音声をただ1.2倍速とかにしただけのものは、これとまったく同じで、変な英語になってしまいます。

 

ですので、それを聞き取れるようになったところで実際の英語を聞き取る力にはつながりません。

 

つまり、英語のスピードへの対応を考えた場合、ただ早回しにしただけの英語を聞いても意味はないということです。

 

ネイティブスピーカーの口から話される生の英語で速いものを聞く必要があります。

 

この点を再現したのがリスニングパワーです。

 

リスニングパワーはCD2枚構成になっていますが、1枚目はわれわれ日本人でも聞き取りが容易な通常速度の音声になっています。

 

まずはこれを聞いて正確な英語の音を理解することに専念します。

 

そして、2枚目のCDはネイティブスピーカーが話す生の英語の速度になっているので、正確な英語の音とスピードに対応するためのトレーニングができます。

 

英語音声をただ1.2倍速とかにしただけのものを聞くトレーニングで聞き取れるようになるのは、CDなどの作られた英語音声のみです。

 

生の速いと感じる英語を聞くことで、CDの英語だけでなく、実際の場面での英語を聞き取る力につながります。

 

リスニングパワー写真6

 

ここで説明をしたようにリスニングパワーはこれまでのリスニング教材とは内容がまったく異なります。

 

そのためはじめはその学習メニューに戸惑うことになるはずです。

 

しかし、今までとは違った方法だからこそ効果がある、私はそう思います。

 

これまでに英語をたくさん聞いてきたが聞き取りに不安があるという人こそ、方法を変えるという意味でリスニングパワーを使用すると効果を感じやすいものです。

 

もちろん人によって差はあるものですが、1日20〜30分程度リスニングパワーを聞いて2〜3ヶ月で今までとは違った感覚で英語が聞き取れるようになると思います。

 

リスニングパワーは私がこれまで使用してきた6つのリスニング教材の中でもっとも安価で、学習内容へのアプローチに独自性があり、効果が高い教材でした。

 

日本を代表する大手企業などでもこの学習メソッドが取り入れられている理由も分かった気がしました。

 

正確な英語の音を理解する、生の英語のスピードに対応する力を身につける、この2つがリスニングの土台になります。

 

聞き取れない多くの理由はこれらにあります。

 

リスニングで伸び悩みを感じてる、聞き取れないという人に使ってみてほしい教材です。

 

リスニングパワー公式サイトへ

当サイト経由でリスニングパワーを購入された方には、当サイト運営者の「まなぶ」から豪華特典を多数プレゼントしています。⇒豪華特典の詳細ともらい方はコチラ

 

リスニングパワー写真2